カゴの中を見る

合計数量:0

合計金額:0円

カゴの中を見る

カテゴリ一覧

HOME > 小児歯科 > 咬合の発育と可撤式咬合誘導装置の要点

商品詳細ページ

咬合の発育と可撤式咬合誘導装置の要点

進士久明 編集
A4判
50頁・カラー
発売中

編者がAdams教授から直接伝授されたクラスプの製作法、咬合誘導の実践に加え、新しい咬合高径の管理の考え方なども記載。

販売価格(税込):
3,780
カゴに入れる

目次

発育期における咬合誘導
歯列咬合の発育変化を理解する
上下顎骨の発育
無歯期
乳歯萌出期
乳歯列期
BruxCheckerの紹介
混合歯列前期(第一大臼歯および前歯萌出期)
混合歯列後期(側方歯群交換期)
永久歯列期(第二、第三大臼歯萌出期)
咬合誘導という言葉の理解
保隙装置の種類
可撤式咬合誘導装置
可撤式咬合誘導装置による治療が効率的である場合
可撤式装置の条件
可撤式装置で可能な歯の動き
可撤式装置の構成要素
アダムスクラスプの屈曲
付加装置(スプリング、スクリュー)
スプリングの屈曲

可撤式咬合誘導装置の設計例
咬合高径管理の一方法
機能的顎矯正装置
ビムラーアプライアンス
その他の機能的顎矯正装置の紹介

【著者】
進士 久明 元神奈川歯科大学准教授 三重県開業医勤務
杉村 和昭 神奈川県開業
和泉 正弘 千葉県開業
佐藤 貞雄 元神奈川歯科大学学長
C.P.Adams