カゴの中を見る

合計数量:0

合計金額:0円

カゴの中を見る

カテゴリ一覧

HOME > 顎関節 > 不正咬合と顎関節症 誰も教えなかった臨床テクニック

商品詳細ページ

不正咬合と顎関節症
誰も教えなかった臨床テクニック

河口博和 著
A4変型
116頁・カラー
ISBN978-4-903553-39-9
発売中

よくわかる、顎関節症の診断・治療のポイント
その患者さんの咬合異常、顎関節症の予備軍ではありませんか?
顔貌の変形やさまざまな不定愁訴に関連する顎関節症の的確な診断と治療のテクニックとは?

販売価格(税込):
6,480
カゴに入れる

目次

Ⅰ.総 論
 1 不正咬合を治す前にまず正しい咬合を知ろう 
 2 不正咬合はどんな原因で起こるか?
 3 不正咬合によって起こる顎関節症について

Ⅱ.症例紹介
 1 オクルーザル・メタルスプリントによる治験例
 2 クラウン・ブリッジ、パーシャルデンチャーによる治験例
 3 インプラントを前提とした治験例
 4 歯列矯正による治験例


【著者】
河口博和 河口歯科医院 東京都